FC2ブログ
<

*All archives* |  *Admin*

2018/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生月島サイクリング
平戸 生月島サイクリング。
参加は3人でしたが、移動、ライドともに、楽しめたのです。
集合 は5時40分。
いつもながら遅刻もなく、早速、蒼いクジラ号に車載完了。お世話になります(^_^)

曇り空の下、雨は降らずながら路面は昨夜の名残でウェット状態ではあるもの、高速を進む内に、明るさも安堵感をかんじさせてくれます。
佐賀から、佐世保を通過、平戸まで。
写真は佐世保港

平戸大橋入り口に駐車で、早速、サイクリングスタート。しかし、圧倒的に風が強い、マジ、ハンパないです。体感では存分の10mオーバー容赦ない。

平戸大橋では路側の歩道をゆったりと走行するも、高架と風で、途中から歩きで恐る恐るという始末に。海面は白波と早い流れ、けど、壮大な景色を堪能。
平戸に入るや否や、まずは観光モードで、市役所の幸門(オランダ橋)を訪ねる。

さて、ではスタート。
まず目指すは、絶景ともいわれている川内峠。
国道から、先頭を行く宮崎さんが、ふっと左折。!?ここ左?直進!などと一旦停止。こういう時の為に、便利なナビ機能の端末や、スマホがあるじゃん。という事で、早速調査。なんだか、あれやこれやで、まっすぐじゃね?という曖昧な判断が、後の後悔につながる。
で、そのまま19号線を直進で、下り基調ながら、向かい風の中、ペダルを回す。
何分くらい行ったろうか。15分?ほど。
川内峠の案内発見で左折。ここから一挙に登りとなる。数台の車をやりすごしながら、登る登る。で、西海国立公園の絶景ポイントに到着。



あくまでもイメージではあるが、アイルランドの景色と重なる。これで羊の姿があれば、間違いない。

寒さと風の中、景色も絶好。さて、いよいよ目的地、生月島に向けて、19号へ戻り目指す。平戸から約20kmながら、寄り道でここまで登ってきたので、あとは下れば距離を稼げる訳で^o^
ピューっと下り、下りで、けど、なんだか違和感が、これは方向感覚かも?しれないが、五感で感じる何か。そう、それが的中。
さきほど、最初に立ち止まった地点にまたまた到着~~。d( ̄  ̄)

さて、もう一度やり直し~~。やったー。(//∇//)
誰を責めるということでもなく、淡々と、再度、向かいの風の中を同じルートで、生月島を目指し、川内峠に登り口となった地点も、直進で、山野地区の登りを耐え、生月大橋まで。平戸から約20kmのところ、寄り道とダブルの走行で、更に距離は増えたのでした。


本来、生月大橋は、自転車での走行は不可、まぁ、今日は風も強く、身体ごと持っていかれる風力で、車道の端を押していくのだが、中程で工事、これは帰りも同様で、寒い思いで歩く事に。ただ、景色はバツグン、遭遇したことないけど、ツチノコみたいな形状の島も見えるし。

渡り終えるとすぐに昼食、港あたりをうろつくと何かあるんじゃないか?という中、観光マップで目にしていた「あごだしラーメン」発見。即決。温まるし、メチャ旨。

島の西側サンセットロードを生月島最北の大バエ灯台を目指すのだが、本日の最大の風という宿敵と、アップダウンに、私はリタイヤ寸前、なんと、下り基調のトンネルで、壮絶な向かい風のため、止まりそうになり、思わずギアを上げて漕ぎ始める始末、おそるべし冬型の気圧配置と風の力。

そんな試練を越えると、絶景ポイントがいくつも。
それこそ、写真で見ていたアイルランドを彷彿とさせる風景が目前に。
ゴーズウェイの柱状節理や石を積んだ風除けの石壁に感動。

大バエ灯台では、最西端を感じさせる光と、半島の影。

灯台への最後の坂は、250m表示であったが、倍位に感じた。キツかった~~。

猛風と絶景の後は、いよいよ帰路に。
さて、向かい風とたたかってきたから帰りは、追い風じゃ!?の予想どおり、あれれ?東側のルートであっという間に、生月大橋まで。^_^

再度、生月大橋を徒歩で渡り、平戸大橋に向け、下り基調の往路とは逆にやや登り基調で、何度も気持ちが折れそうになりながらも、追い風が時に助けてくれ、なんとか。

距離は約80kmながら、疲れたーと、体力のなさを感じた一日。宮崎さんが、常に最後尾で、後ろからサポートしてくれ、蒼クジラさんが、ペースを気にしてくれたのも、有り難かったー。お世話になりました。

午後9時過ぎに帰宅。長くも楽しい1日でした^_^

スポンサーサイト
和水 肥後民家村
GWの音楽イベント。
肥後民家村「里山美術展アコースティック・ライブ」5月6日実施の打ち合わせもあり、朝からうろ~っと。
ほどよい暖かさは、半袖で大丈夫。一気に初夏の空気感。
鹿央経由で少し大回りしながら、50分弱。

会場は野外ステージ。
IMG_3906.jpg

過去はいずれも雨のため、屋内「旧・布施家」という結果、今年はなんとか晴天のステージで楽しみたいものだ。
帰路は菊池川沿いを鍋田方面へ。

距離:40km
久々の投稿です。
年度も変わり、そろそろ始動しないと・・・2年越しとなる。
天気もよく、春の陽気につつまれ、動き始めるとしますか~。
という訳で、ゆったりサイクリングで、サイクリングロードから、オレンジロード方面、さらに先まで、金峰山・峠の茶屋経由で、震災からまもなく1年となる熊本城をまわって帰ろう~という久々には80kmとなるライド。
のんびり行ってきました~。

サイクリングロードは菜の花がはみ出すほど咲き誇り、香りも漂い、分田先あたりからここちよいこと~。

途中からはサイクリングロードをはずれ、木葉駅近くから、オレンジロード方面へ。
草枕温泉を見通すあたりからの一枚。
ワイディングの感じが、ラピュタを連想させる景観。
そろそろ、ラピュタにも行きたいところだが、崩落の景色はこころ痛むし・・・けど現実でもあるしね。
201704032.jpg

オレンジロードのロータリーを過ぎると、ナルシストの丘を目標に・・・。
そして一服。
201704033.jpg


熊本城・二の丸公園は、花見の団体や観光の方、散歩の方など、賑わいの最中、痛々しい熊本城は写真におさめるにはまだまだ、震災の被害資料は専門の方におまかせするとして帰路に。
サイクリングロード(ゆうかファミリーロード)が有難い。
向かい風は酷ですが・・・。

距離:80km
12月19日(土)師走の朝ライド
蒼いクジラpresents:19日(土)師走の朝ライド
&忘年ランチ会しませんか?

朝ライド後、 蔓薔薇で皆でピザを突きながら忘年会ランチなどいかがでしょうか?
集合、スタート
09: 45さくら湯前
コース
門前町パレードスタート~平山温泉~和水7神様コース~ゴール 山鹿サイクリングターミナル~山鹿凱旋パレード
12:00から
忘年ランチ会 (蔓薔薇)はいかがでしょうか?(^^;
阿蘇駅(弱虫ペダル)ーラピュタ
ようやるわ〜。
朝6時スタート・・・って。

けど、気持よい空気感、夏は早朝に限る!って秋の気配ではありますが。
参加は、蒼いクジラさん/宮崎さん/田上さんと自分。

まずは、肥後大津まで走行。
これって、グリーンロードがあまり好きくないんですね〜、けど、たぶん最短ルートではあるんでしょ〜が。

肥後大津駅から輪行にトライ!
実は初となる列車での移動で、旅行気分も味わえ、しかも阿蘇方面なので、スイッチバックという二段階での列車走行なども楽しめたのだ〜。

乗車前、待合室でのんびりと〜。
20150904eki.jpg

車内の吊りポスタ−や、列車自体も「弱虫ペダル」ペインティング。
20150905paint.jpg

まぁ〜早朝、7時56分乗車ですから、ガラガラですがね。
20150905shanai.jpg

阿蘇駅に着くと、早速、ボードの前でパチリ!
20150905asoeki.jpg

その後、爆弾/320円(卵入り)を食し、満腹ぎみに。
内牧経由で狩尾峠(ラピュタ)を登る。
20150905rapyu.jpg

さすがに達成感は半端ない!
いつもながらに感動、見上げると、観光客の方がたくさん来られている。

その後は、二手に分かれて、菊池渓谷から帰宅組と、小国に行く組とお別れし、高速域で、田上さんと二人で、菊池渓谷を通過し、菊池市内から、ぐた〜っと疲れた感じと充実感で帰宅。

あ〜、楽しかった!と。

距離:85km






プロフィール

yamagacc

Author:yamagacc
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。