<

*All archives* |  *Admin*

2012/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
今夏最後のラピュタ。
2012年8月末日 ラピュタ。

涼しい。秋の気配。
豪雨に泣かされた記録の夏も、ここミルクロードーラピュタの道では秋の風です。

観光シーズン到来!の阿蘇は元気◎です。

朝7時にスタート。
今朝は菊池渓谷水の駅から菊地高原ーオートポリスルートでラピュタまで。
オートポリスからの2kmの登りはやはり堪える・・がそこまで無理せずきたのでなんとか・・・、爽快におもわず大声で歌いだすありさま・・なんと気持よいことか・・けど声を出しすぎて息が切れた、なにしとんねん。

北山展望所も素通りで、目指すは、夏最後のここ。
20120831.jpg

到着後、しばらくは一人ながら、ぞくぞくバイカーが到着。
下れますか?との問いに即座に「NO!」の返答。
「通行止め」の看板が目に入らぬか!?・・・けど、たぶん軽い気持で下っていく輩もいることであろう。

今年の夏は見納めとなるであろう、秋にもう1〜2度来れたらいいが・・。

菊池渓谷を下るまで、寒い程、バイカーの方々は寒さのせいで、みなさん長袖でした。渓谷の入り口までくるとまず少し気温が変わる・・が、まだ寒さを感じる、水の道まで来るとやや平地並だが、菊池市内に入る頃にはじわ〜っと暑くなる。

久々に登って・・の走行で、疲れた〜。
けど、充実感たっぷりの朝ライド。

距離:90km








スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

かる〜く1時間
すっきりしない天気、路面もウエットだし・・という朝。
だらだらしながら天候を気にしつつ、7時にスタート。
出だしでトーンダウンで、かる〜く定番で、菊鹿バイパスから首石トンネルー山鹿フリーウエイへ。

ポタポタとゆっくり行きましょ〜という気構えで、楽に走りました。

20120823.jpg

カルチャーで一休みのあと、帰宅ながら・・・途中、道ばたで怪しいヤツが。

停止の車、車外で、立ちションかな?と横を過ぎる時、道路センターに向って、下半身まるだしで、◯コ◯コと手の動き!ナヌ?
あぶね〜〜〜。

いやなもの見ちまったぜ〜。

・・そんな朝のひととき。
意気消沈ですな〜。

くるり1時間定番コース
距離:20km

曇り気味が幸い?夏の朝ライド
曇り気味が幸いか?という天候の中、今朝は走行会を行いました〜。

朝7時集合!これが時間より早く集合するんですよね〜毎回。
これまで遅刻ということは一度もありません、見事です。

事務局(マツムラレコード)集合が4名、一本松公園で参加1名の計5名での夏・朝ライド。SMさんは自宅が一本松公園そばでありながら我慢できずに、事務局まで来て、また一本松公園まで戻るという具合、変です!?(笑)

本日の参加者(TU/taka/AG/SM/YT)/一本松公園(石の風車前)にて
201208121.jpg

まずは、菊鹿の切り通し経由で、鞠智(きくち)城まで。
切り通しは苔むす「緑「が鮮やかです。(写真とれず、残念)
鞠智(きくち)城ではライダー1名と遭遇、逆方向へ。

菊地のCVSで補食ゲットの上、迫間川沿いの旧道から「竜門ダム」まで、お決まりのルート。途中、小滝のマイナスイオンを感じる涼しさに、ヒンヤリします。

竜門ダムで一息。
201208122.jpg

曇空の元、ほんのひととき小雨があったか?程度ですが、パラつくもすぐに止み、涼しい風でゆったり・・汗もぐっしょりながら、快適なひとときです。

その後、穴川峠方面へ。
大滝でしっかり補水もできますし、のぼりをえっちら、ゆっくり進みます。

穴川峠からの短い直線の下りの後、難敵は「宿ケ峰尾峠」までの登り。
各自マイペースで進めて行きます。ここを越えれば、後は下るのみ・・という思いだけが頼り。

涼しい〜「宿ケ峰尾峠」から、一気に矢谷渓谷そして菊鹿まで。
気温がまったく違う、矢谷からはまさに夏の気温、菊鹿バイパスを高速域でペダルを回しますが、後半のアップダウンは堪える〜一気に体力も消耗、AGさんはハンガーノックでダウン寸前で、一本松公園まで。

ソフトクリームが旨い◎


距離:67km

昼前には帰宅。
暑い夏、昼間はひかえ、この程度がここちよいかも!







テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

yamagacc

Author:yamagacc
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード