<

*All archives* |  *Admin*

2012/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋の呼子ライド
11月4日
構想数年?、遂に実現の呼子ライド。
「呼子のイカはイカった!」と誰かが言ってましたが(笑)、旨かった◎

参加は9名(敬称略)>蒼いクジラ/酒井/宮崎/高村/田上/森田/横田/長谷(初参加)/taka

玄海原発と玄海エネルギーパーク、呼子大橋、イカ料理「かべしま」、風の見える丘公園・・など松浦半島を一周し唐津に戻るというルート。

そんな、ひぃひぃ〜ぜぇゼぇ、たらふくのイカと、土砂降りでぐっしょりのライドレポートです。(笑・泣)

7時30分、全員集合で、和水町をスタート。毎度のことながら、予定時間より早く集合・スタートなとなる・・というのが常。
高速を使い、一路、唐津を目指します。
佐賀ではバルーンフェスタの出演者が、既に上空に昇っているようで、多数が浮かんでいるのが遠くながらも見える。
20121104zyunbi.jpg

ちょうど唐津くんち祭りの最終日、さて、車は何処に止めるか?がもっぱらの気がかりで、唐津まで。
河川敷やら空き地やら、市内は混雑で・・・市内を抜けて先まで行くか?など・・すると、あら!ええとこ「アル・ヤンコビック」・・ということで、車は唐津・体育の森公園に駐車、ここをスタートとする。
20121104start.jpg

全距離は65km程度。
こんなルートだ。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=b95c9613565e12b212d32139187b3fad

準備中、午後からの雨の予報もきがかりながら、夕方前まではもつように?・・と淡い期待です・・が、ほぼ予報は的中という目に遭う。

私はたっぷり着込んでの寒さ対策です。

10時、スタートでバイパスを走行、9名で走ると長くなるし、迷惑だろね〜とおもいつつも仕方あるまい。
33号線に左折するとすぐに登りが始まる。その後じんわりとアップダウンが連続。

海沿いに出るまでの山越えとなる。

33号線から204号線へ折れ、目指すは「玄海原発」だ。
海沿いに出ても以外とアップダウンで、想定外ながら、苦しむほどでもなく、自分はマイペースで進めていきます。

おっ?先で止まったぞ〜なに?「変人?」、いや「恋人の聖地」。
20121104koibito.jpg

夕日が見えるロマンチックなスポットみたいだ。
野郎ばかりですが・・なにか?

玄海原子力発電所に到着。
現在停止中ながら、もちろん入り口には守衛が。そしてソバには拡声器を持った3名の方が・・反対コールや、そんな活動の方々かもしれぬ・・とおもいながら、こちらも怪しき団体9名。警備の方と二言三言かな?何事か話すうちに隣接するエネルギーパークに向います。
20121104genkaipark1.jpg

空に伸びる階段を上がると、展望台。外津浦〜日本海が見渡せる。そして広い敷地と発電所も・・。

20121104genkaipark3.jpg

20121104genkaipark2.jpg

空腹感もでてきた頃、昼食へ向います。
30分ほどかな? 呼子大橋を渡り、加部島の最北に位置する活魚料理「かべしま」へ。
20121104yobukohasi.jpg

「かべしま」へ向う、畑の中の一本道が気持よい眺めだ。

今回のメインはコレ!動いてまっせ〜。◎
20121104ika.jpg

ノンアルコールも雰囲気だしてくれるんで、良し○

駐車場での一枚。
20121104kabesima.jpg

昼食後は、観光スポット「風の見える丘公園」経由で、海抜0mから、呼子大橋へのルート・・これが、なんと激坂。何?壁?

ここまではなんとか雨もなく・・・だったのだが。ポツンときた。


予想外というか、希望外に早く降り始めたぜ。・・という間に、ザーザー振りで、開き直ると、なんてことはない!
少し寒いですが・・・海沿いルートはやめ、小高い山というか丘越えルートで、一路唐津を目指す事に。

唐津くんちの渋滞か?一本道、信号待ちの車が列をなす。ウインドブレーカーが効力発揮する中、あと少し・・というところ、往路のバイパスとの分岐寸前・・・「蒼いクジラ」さんが今回の餌食だ!OH MY GOD!「パンク」。

降る雨、待つ人、進む人・・直す人とひきこもごもの状態。まぁ〜急いでの帰路だし、状況も伝わっていないですしね、待つメンツは雨の中、戻ってみたりしながら・・と動き出す。どうもノブが緩んでた?というのもおかしな話しだが・・案の上、やはりパンクで抜けて行く空気。ちゃんちゃん・・と。
雨よけの歩道橋下での修理タイム・・とここで一案。あったまいい〜〜〜。

運転手でもある「蒼いクジラ」さんがタイヤを借り、交換の上、車まで走り、車を持ってくるということで決定!
距離は3〜4km程だろうか。

タイヤを提供した横田「FOCUS」とマイバイクは、車を待ちつつ、パンク修理。
20121104panku.jpg

これがひと作業で、過酷な事に・・・チューブレスか?と思う程、チューブとタイヤがピッタリひっついており、チューブがはずれない・・なんだこれ?蛇の皮をはぐかの如く(といっても蛇の皮をはいだことはないのだが)、二人掛かりでなんとかはずし、チューブ交換も完了、コーヒーを飲んで一服中に、車が到着・・という寒い思いの呼子ライドの締め。

距離:65km

走りごたえ、食べごたえ、濡れごたえ、堪能の呼子ライド完了。

次は何処へ?
















スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

yamagacc

Author:yamagacc
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。