<

*All archives* |  *Admin*

2017/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイクリング「雲仙ー島原方面 有明フェリー(往復)」
天候はイマイチでしたが、雨はなく、昨日、行ってきました~ふぅ~。

きつかった~~・・・けど、これがおもしろかった◎

同行は息子と同い年の学生「OS」君18歳です。
彼は数々のレースにも出場し、メンテも詳しく、将来は自転車関連の方向も視野に・・という好青年。

長洲港に向け、朝8時前から出発、霧が深い。
菊池川沿いを、快適に進めて行きます、30kmキープで回せてます。
予定通りに少し早めに到着、9時40分発に搭乗、ここからは40分の船旅。
これも旅行気分で楽しいものです。

船内では自転車もしっかり固定してくれます>
20091130ferry2.jpg

有明フェリー名物のカモメの飛来>
20091130ferry.jpg

10時20分着、多比良港からは一路島原へ向かいます。
国道ですが、道幅はあまり広くないので走行には注意が必要ながら、快適なペダリングで、島原市内の11時からのマクド/ランチメニューに時間ぴったりで昼食。

その後、しばし島原市内をうろ~っと散策、「島原城」「武家屋敷通」など。
武家屋敷通にて>黄色が見事!?
20091130buke.jpg

さ~、今回のメインディッシュに突入です。
57号線をひたすら雲仙に向け登りです。
距離は約20km。
上りはじめから「OS」君が快適にくるくる回していきます・・・どんどん彼の姿は見えなくなり、自分はマイペースでひたすら・・・。

雲仙みかどホテル本館前まで来て、記念撮影の旅行者なども多数おられます、立派な入り口の様子などもちらっと見る程度で、勾配はきつく長い~。
座りを変えた途端、サドルの角度が変わっちゃいます。あっ、昨日いじった際に締めが弱かったか~?と反省しながらも、ペダルは止めずにそのまま。
更に進むと、ようやく待ってくれていた「OS」君発見。

早速サドルの角度を戻し、しばし休憩後再スタート。
あと半分近くは残っているようだ・・・とほほ。
二人で登りながら、「なんでこんなことしてんだろうね~」などと笑いながら・・・すると「OS」君が遅れていきます・・心配ながらも特に呼び声もかからなかったのでそのまま自分のペースを維持・・・彼は見えなくなりました。「・・・?」

さらに上で、再度サドルをいじりながら休憩していると、5分程して「OS」君到着。
足にきているようだ・・・どうも、インナー39Tが致命的で、勾配を軽く考えていたようで交換せずに来たようです、しかもスプロケは11-23。これはきついですね~。しかしどうしようもない訳で、反省ですね~。
ちなみに自分はインナー36T、スプロケ13-26です。

雲仙ゴルフ場まで、登りきり、一挙に下りに突入で、雲仙温泉に入り込んでいきますが・・・ん?ルートが違う?という訳で、かなり下ったところで、GPSを確認、そういえば国見方面の標識を見たな~?という思いでこれは下った分登ってひきかえさねば・・・ということで、後から来る「OS」君に伝えねば~ということでまたまた上りのハメに。

気持の切り替えもできぬまま、これがきつい。・・の中、彼が快速で下ってきます、意向を伝えた時の彼の表情が忘れられない「マジ・・・ですか・・・」。

そのまま389号線との分岐まで、またまたえっちらおっちら。

じつはここからがまたまた・・・。
先入観とはコワいもので・・・、てっきり峠のてっぺんだと思っていたから大変、ここからがまた上り。
しばしの休憩後、え~マジ?うそ~と叫びながら、出だしは好調の「OS」君でしたが、徐々に足が廻らなくなく、後退していきます、自分はひたすらマイペースで、時にダンシングなども入れながら、どこまで続くの~と先を見るのもイヤ!的目線で登っていきます。

仁田峠との分岐点でようやく頂上。(標高約1000m)
「OS」君を待ちます・・この間もサドルの位置を再度固定させたりしながら、すると「OS」君も到着。ひとまずここまで無事にこられた事を讃えあい、後半のハンパないダウンヒルに突入です。

分岐点にて「OS」君>
20091130takumi.jpg

ヒエ~~~~、早い~~~。
何も考えらない・・・コーナーの状況を把握するのがまずは重要。
対向車もほとんどなく、ただただ直線、直滑降の高速域は過去に未体験ゾーンでした。

ウインドブレーカーの有り難さも痛感、助かった~。
まさに一気に海岸沿いの国道231号まで。

5分違いで、予定より1本先のフェリーには乗船できず、結局予定通りの15時30分発のフェリーに乗船。
多比良港で食べたカレーうどんが最高にうまかった~。
寒かったもんね~。

16時10分に長洲港着。
そこから、山鹿までが実は一番きつかった・・・、足パンパン。
ペースも上がらず、玉名あたりからはポタリング状態で・・・18時過ぎに自宅着。
日も落ちて、暗い中、二人でひたすら・・・。
けど、最終的に、どうしてこんなにおもしろいのでしょか~?を二人で確認。
また今度・・という事で散会しました。

お疲れさんでした~。

距離:140km



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
次回は、是非、ご一緒に・・。
楽しみにしています。
プロフィール

yamagacc

Author:yamagacc
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。