<

*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
隈部館跡ー八方ケ岳林道ー菊鹿バイパス
目にも鮮やかな日差し、めっちゃ天気いいし~。

明日以降、天候もあまりよくないようなので、今日は見晴らしのよいところを目指して・・という訳で、昨年7月、国指定史跡となった菊鹿・隈部氏館跡まで。


菊鹿バイパスからあんずの丘。
イベントの華やかさとは違うステージでまずは一休み。
201005212.jpg

ここから正面突破で向います。
約半年ぶりだ~。

前回の記録はこちら>http://yamagacc.blog68.fc2.com/blog-entry-110.html
前々回はこちら>http://yamagacc.blog68.fc2.com/blog-entry-72.html

あいかわらずキツい上りですが、ゆっくりあせらず・・でなんとか。ふう~ぅ。
見晴らしもよく、一息つけます。爽快~。
201005214.jpg

隈部氏館跡>
中世、肥後国の有力国人であった隈部氏の16世紀代の居館跡。
館跡は、筑後・豊後の国境にほど近い八方ヶ岳山系の南西側山腹、山鹿市菊鹿町上永野の標高340m程の地点に所在している。
天正15年(1587)、肥後国主の佐々成政の支配に反旗を翻した肥後国衆(くにしゅう)一揆の中心的人物として有名な隈部親永が隈府城に移るまで、隈部氏が本拠としたのが隈部氏館である。
201005213.jpg

更に八方ケ岳林道(さんぱく林道)まであがり、分岐「矢谷渓谷←□→菊池/竜門ダム」を←へ。
このルートがアップダウンで厳しいハズなのだが、学習能力がないのか?またまた行ってしまう、馬鹿じゃないか~?。

往来も少なく、路面はけっして良くはない・・しかも度々の上下で脚がなくなっちいます、湧き水で潤しながら、「山の神」(ヤマメ料理がおいしい)までくると、矢谷渓谷はもうすぐ。
201005215.jpg

矢谷渓谷「きらり」からはダウンヒルで菊鹿まで。
快適な風を感じながら、急ぐでもなく、心地よさも味わいながら、菊鹿バイパスから一本松公園経由で帰宅。

途中、「きらり」から少し上がって、以前行った林道(八方ケ岳西線)をわざわざ確認に行きましたが、相変わらず「通行止め」の状態・・残念。
八方ケ岳西線/大崩落の道>http://yamagacc.blog68.fc2.com/blog-entry-148.html
開通をまとう。

距離:48km




















関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

yamagacc

Author:yamagacc
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード