<

*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014 秋 雲仙ライド
2014 秋 雲仙ライド

今回は2名で行ってきました〜。
下りの寒さは格別!?

集合時間の7時は、誰も来ず・・・一人でスタート地点 多比良港に車載で向う。
8時少し前に到着、そしてジャストに、横田さん自走にて到着◎
他の方からのエントリーもないようでしたので、乗船手続きを済ませ、休憩所で待機、トークに夢中・・ん?あれ?乗船予定で並んでいたハズの車がいつの間にか・・・見当たらないぞ〜あっ!時間が・・・残るは我々のみ・・・出港時間になっております。大慌て・・・でギリギリ間にあった・・(ほっ!)
20141116ferry.jpg
目指す雲仙岳は、霞の中。

クロスバイクの4人組が、先に下船し走行していく、彼らは雲仙に登るのか?島原半島めぐりか?と思いつつも、途中でかわし、走行、島原市内では湧水ポイントで補水し、登坂前のコンビニにて食料補給といういつもの流れ。

マイペースでと確認し、横田さんはグングン見えなくなりました、そして、約20kmの登り、先は長い・・といい聞かせながら、おっちらおっちらと・・。
みかどホテルの入り口で待っててくれ、少し休憩。
さらに進んで行くと、次は俵石展望所でも待っててくれ、しばし休息。
そして第1ピークとなるゴルフ場入り口まで登ると、温泉街まで降下。

今回はいつもの食堂の近くの別店での昼食となりました〜。
家庭味のチャンポンで。

その後は、目前にあったパワ−スポット「温泉神社」の「夫婦柿」、そして、地獄めぐりを敢行、1ヶ100円「温泉たまご」は格別だったぜ〜!?(高価なだけはあった!?)
20141116unzenzigoku.jpg
鼻をつく、硫黄の匂いが温泉気分満載にしてくれます。

その後、私としては初となる「仁田峠」への片側通行の有料道/車は100円(自転車は無料/今日は多いから、自己責任で左端に寄ってね〜。と注意を受け走行)。
もう一本の「吹越峠」へのルートよりは走りやすいと実感。

くねくねと第2ピークの「仁田峠」手前の展望所から、普賢岳平成新山を望む。
天気よく、人気のスポット。見晴らしも◎。
さらに進めばロープウェイ乗り場。今回はパスし、ロープウェイは次回の楽しみとしよ〜。
20141116nita.jpg

そして、ここからが「多比良港」までの半端ない下りルートだ。
もちろん安全も考え、マイペースで無理無くいきましょ〜、途中、大きく右折/分岐地点を間違えなく・・ということも確認したハズが・・・。

ピュ~~~っと下り、分岐点に、あれ?横田さんはおられません、ん?曲がったか?直進したか?と思いつつも、最終目的地は港だし・・・。
あっという間に、多比良港着、横田さんは・・・未着。先にぶっ飛んでいったのに・・!?
と、待つ事数分。到着されました〜。分岐点を直進で、遠回りで海岸線を走行して到着、しかし、5kmほど遠回りなのに、その割には早いな〜と笑いながらの雲仙ライド完了。

来年もまた・・・と思うのでした。

距離:62km
距離以上の充実感を今回も堪能しました〜。
関連記事
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

yamagacc

Author:yamagacc
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。